株式会社 丸高三信堂

トップページ採用情報お問い合わせ

世界でも注目する免疫向上素材「AHCC」

※AHCCは(株)アミノアップ化学の登録商標です

補完代替医療をご存知ですか?

補完代替医療とは、西洋医学以外の医療・健康法の総称であり、「通常の医療とは見なされていない医学、健康管理、施術、精製物質など」と定義されています。

現在、医学の世界も機能性食品の存在を無視することができない状況です。
世界的に、いわゆる西洋医学以外の、伝統医学や機能性食品を含む「代替医療(ホリスティック医療)」への取組みが本格的に始まっております。

日本でも2001年に「日本内科学会」の認定専門医会内に「代替医療委員会」が新設されました。

ご存知のように、伝統医学である漢方医学が早くから健康保険適用になりましたが、機能性食品では世界の流れに大きな遅れをとっております。

AHCCは日本国内700以上の医療機関で利用され、補完代替医療分野における先駆者として注目を浴びております。

AHCC(エーエイチシーシー)とは

AHCC

AHCCは、Active Hexose Correlated Compound(活性化された糖の関連化合物集合体)の頭文字をとって名づけられました。

AHCCは、シイタケを筆頭とした担子菌(キノコ類)から得られた「植物性多糖類」で、その菌糸体を大型タンクで長期培養して得られる抽出物です。

現在、国内はもとより、世界中でAHCCの幅広い可能性を示す研究が進んでおります。

AHCCの有効成分

AHCCには担子菌の培養、酵素反応によって得られるさまざまな成分が含まれています。

AHCCの主成分はアシル化されたα-グルカンです。
アシル化α-グルカンは比較的低分子(分子量約5000)で、通常のβ-グルカンの分子量が数万から数十万であることから、β-グルカンよりも吸収されやすくなっています。

AHCCの研究 ~20年以上の研究により実証された確かな機能性

東京大学名誉教授 薬学博士 岡本敏彦氏

「AHCC」の共同研究者 東京大学名誉教授 薬学博士 岡本敏彦 氏

AHCCは、1989年にアミノアップ化学と東京大学名誉教授 岡本敏彦氏との共同研究によって開発されました。以降世界中の研究機関や大学で研究されたAHCCは、これまでに免疫向上をテーマに数多くのエビデンスデータを蓄積。国内、海外でも健康食品として数多く採用されております。また数百の医療機関においても、補完代替医療としてAHCCが利用されています。

AHCC 世界の頂点に!ニュートラコン賞受賞
AHCCは2002年に世界300以上の製品から最優秀新素材の栄光を勝ち得て、世界トップとなる、全米ニュートラコン賞を受賞しました。

AHCCの実績

AHCCの製造に用いられる担子菌は、古くから食用に供されてきた歴史から安全性に問題はないと考えられています。

AHCCの安全性は各種安全性試験によっても詳細に検討されており、安全であることが確認されています。

また、1989年の発売以来、数十万人の人に使用されてきました。

AHCCの製法

AHCCは一般の食品と同様、健康食品の扱いになります。
しかしながら、製造設備については、「医薬品の製造および品質管理に関する基準である医薬品GMP」に対応できるようになっております。

製造工場は、品質保証の国際規格ISO9001と食品安全・衛生管理の国際規格ISO22000、健康補助食品GMPを取得しており、食品衛生・品質管理のは徹底し充実がはかられています。

また、AHCCは、世界でもアミノアップ化学の工場1ヶ所でのみ製造されています。

AHCCの健康補助食品

(株)アミノカップ化学のAHCCを原材料に使用した健康補助食品です。
活里 AHCCα(エーエイチシーシーアルファ)
商品ラインナップ
細粒 33袋/箱 18,000円(税別)
ソフトカプセル 120粒/箱 12,000円(税別)
液体タイプ 15本/箱 18,000円(税別)
商品についてのお問い合わせは
(株)丸高三信堂 営業部 011-613-1110へ
お願い致します
AHCCに関するお問い合わせフォーム
ページの先頭へ戻る